どうしたのか?小池百合子

小池氏、20億円クルーザー購入 “決められない都知事”の決断に都民激怒

これは産経新聞系夕刊紙の夕刊フジの、記事見出しです。

都民が激怒しているかどうかはともかく、内容を見れば、小池ファンでも少なからず「激怒する」のではと思う。

やりすぎだろう?

突っつくだけ突き上げ、都議会の運営を劇場化させた功罪は大きいと考える。

就任後の、全てをガラス張りにするという目的で、議会勢力の主流であった、自民都議連を対峙し、五輪会場問題や築地移転問題を俎上荷揚げたまでは、まずはよしとしても、複数の意見や主張のある議会政治の場では、「落とし所」が肝要なはず。

振り上げた拳の落とし所を見失った観があることは、残念なことだ。

これでは、選挙中にキューリやピーマン持って参集したおばさんの賛同は得られないだろう。

都民ファーストの党/小池新党は少々危なげになってきたようだ。

記事です。

東京都の小池百合子知事に、都民の疑問・怒りが急浮上している。これまで税金の「ワイズ・スペンディング」(賢い使い方)を主張していたが、何と、都の視察船として約20億円もの豪華クルーザー購入を決定していたのだ。2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担問題で、近隣知事に要求されても結論をなかなか出さなかった姿勢と大きく食い違う。(以下リンク)

リンク http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170515/plt1705151530005-n1.htm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする