習近平、これが鼻につく「一帯一路」

習近平、これが鼻につく「一帯一路」

習氏は首脳会合の冒頭、「この構想は私の世界情勢に対する考察から生まれた」とアピールするなど終始、世界の指導者としての姿を国内に印象付けようとした。

打算と陰謀、覇権に坊主の衣を着せ、ぬけしゃあしゃあと演技する中国。

小欄はこれが鼻につきます。

自由社会の認識として中国は、持たざる国にとってのサンタの役回りだろう。

サンタならサンタらしく、清廉な夢を与えてくれる存在になって欲しいと思うが。。

赤いサンタの複をまとった肥満体の独裁者の頭にあるのは、世界に対する野望だけではないか?

赤い服のサンタが、いつか玉乗りしている、ピエロに化けるのが楽しみだ。

記事です。(リンク)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする