読解力の不足じゃないのか?共産党・吉良佳子センセー

教育勅語

教育勅語が現代社会に通用しないと思うのは、左翼の30%と推量する。

抵抗があるというのは

「一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ」だけだろう。

このくだりは、小欄も理解出来ないでもないが、当時の帝国憲法下では極めて標準的な表現ではなかろうか。

しかし、コミュニストは歴史のわずかの誤謬も一握りの見解の相違を受け入れられない偏狭の人間の集まりのように思える。

こうした偏狭さが故に、共産党は国民から遊離してきたこと事実を未だに総括できていない。

残りの事項は、極めて日常的に受け入れられる内容と思うが、どうやら、この前衛集団は、読解力の不足から、こうした日本社会の風土から派生した標準的な精神風土も共有できないようだ。

小欄は、日本共産党が、武力革命路線は六全協で排除したことはしっているが、革命を排除したものでないことも知っている。

中国共産党の現在進行系の犯罪も知っている。

所詮左翼の勢力は現状が最大だろう。

共生社会であるから、反日でなければ、コミュニストとの共生は可能だ。

イタリア共産党の例を思い出した。

「赤軍が祖国イタリアを蹂躙する時は銃を持つ。。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする