ようやく出た政府支援、東芝半導体事業は中国にはいかない

東芝の半導体子会社への出資、必要に応じて努力する=政投銀社長

出し惜しみをしないで、もっと早めに決断すれば、値は更に千金の重さがあった。

政府・通産省、大蔵省にとっては、天下り先がわんさと増えてようなもの。

霞が関は宴会モードかもしれない。。

[東京 22日 ロイター] – 日本政策投資銀行の柳正憲社長は22日、決算会見で、東芝(6502.T)の半導体子会社への出資について問われ、「(政投銀は)日本の産業の将来性、リスクがあった場合に補うが使命」と述べ、一般論としたうえで「必要に応じて努力する」と述べた。

さらに、NANDフラッシュメモリー事業について「日本の産業の将来にとって重要な分野。日本に残していきたい」と語った。

関係者によると、政投銀は19日に締め切られた半導体子会社売却の2次入札への参加意向を表明した。産業革新機構や米系投資ファンドのコールバーグ・クラビス・アンド・ロバーツ(KKR)(KKR.N)などと組んで応札する案を検討している。