台湾軍、離島で軍事演習

台湾軍、離島で軍事演習

台湾国防部(国防省)は25日、台湾海峡の澎湖島で、中国軍の台湾侵攻を想定した陸海空軍合同の軍事演習を実施し、一部のメディアに公開。蔡英文総統も3軍トップとして観閲した。写真は、軍事演習を実施する将兵。時事通信 5/25(木) 17:55

朝日デジタルの追記事

台湾・国防部は25日、台湾海峡の離島・澎湖島で、「敵軍」が上陸侵攻してくることを想定した軍事演習を行い、内外の報道機関に公開した。中国側による離島侵攻の可能性を視野に入れた演習で、蔡英文(ツァイインウェン)総統も視察した。

例年行っている台湾の陸海空軍による軍事演習「漢光」の一環。澎湖島での演習を公開したのは2013年以来となる。沖合に設定した目標に対し、自走式のロケット砲や戦車、ヘリコプターなどで砲撃する様子を公開した。蔡氏は視察後に演説を行い、自らの「国防自主」路線の意義について、「私たちは世界に向けて、国土や故郷を守る決心を示す」と語った。(台湾・澎湖島=西本秀)

朝日新聞社 朝日新聞デジタル 5/25(木) 18:51

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする