「戸籍謄本を公開する考えは?」 蓮舫代表「ない」その理由を探る

その理由を探る

青山学院幼稚園は、保護者の財力間環境が整っていて、入試に受験生の当事者が、上手に「ハンバーグ」を食べれるかが問われることは、蓮舫が入試した頃は有名な事実である。

入園すればそのまま特別の瑕疵がない限り、大学までは入学できる。

蓮舫は、青山学院大学法学部を「ユウシュウ」な成績で卒業された。

タレント活動後に、ホウガク士としての優秀な資質を遺憾なく発揮し事実がある。

明石家さんまをして、

かってタレント時代、バライェティ番組で明石家さんまに「本当に法学部を出ているんですか」とまで揶揄された位、頭は空っぽです。

とまで言わせた鉄板の知性の持ち主である。

その蓮舫が、日本社会で生き抜くことができた最大のキャラのウリが、「日系ハーフ」であったことは疑問の湯折がない。

日本人の村田氏と結婚し、双子の子供を設けた。

ここからは想像であるが、当時、すでにタレントとして名を成し功成し遂げた、蓮舫が、子供の国籍に「台湾」を選択したことは想像に難くない。

すでに台湾系の人気女優、ジュディ・オングが活躍していた時代であるあるから、軽薄で、家庭内でも夫婦間では、一方的な強権を持っていた蓮舫が、自信の成功の最大の武器であった「ハーフ」を子弟の国籍選択に「台湾」を決断したことは必然的だ。

軽薄でオチョウシ物の浅知恵の持ち主であるミーハーの蓮舫は、タレント時代も、議員時代も、少なくとも台湾入国になっては、「台湾パスポート」を使用したことはほとんど予想できる。なにせ、入国審査が簡単だ。

これは、法務省省の入国データーを開示すれば、事実関係は証明されるはずで、官邸、政府、インテリジェンス関係筋はこの事実を掴んでいるはずだ。

蓮舫が衆院議員選に出馬した段階で、「蓮舫潰し」でこのカードは出てくるはずだ。

すでの、「台湾国の放棄」を言明しているが「戸籍謄本の公開などによる国籍を選択した証拠は提出していない」状況だ。

【戸籍謄本公開は?→『ない』】の背景は、子供の国籍が公になることへの親としての配慮と警戒だろう。

長男の生年月日は1997年であるが、詳細は最近ネットから削除されている。

生まれてすぐに一歳になる数え歳の台湾では、すでに誕生日に関わらず、現在は成人の扱いである。

待ったなしに、台湾の原籍地に、国民皆兵である台湾では「徴兵検査」の赤紙(実際は薄いピンク色)が送付されているはずだ。

タレントとして成功を収めていた、ユウシュウなホウガク士の母親であるミーハーの蓮舫は、日本には無い二十年後の台湾籍の子供の「赤紙」までは想定外であったはずだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする