福岡を舞台に繰り広げられる金海密輸で錬金術、狙いは8%の消費税還付金とマネーロンダリング

日本の税金を食い物にしている、韓国シンジケート

  1. 香港は金の輸出の規制がほとんどなく、世界中の金が集まる「世界有数の取引場」(関係者)。消費税もかからないため、多くのバイヤーが買い付けに訪れる
  2. 出国手続きを済ませた別の運び役と落ち合い、金塊を渡す
  3. 関係者によると、その香港から韓国に金を運ぶ際は申告の必要がなく、密輸目的で、仁川空港に金塊を運ぶ手口が多い
  4. 韓国・仁川空港では、到着した国際線のトランジットエリアで、出国手続きを済ませた別の運び役と落ち合い、金塊を渡すケースが多い。韓国から金塊を国外に持ち出す場合は申告が必要だが、こうすれば韓国当局のチェックを免れることができる。
  5. 運び役は金塊を福岡空港に持ち込むが、「韓国出国時に金を持っていなければ、韓国側から日本の税関へ注意情報が寄せられないため、入国審査が緩くなる」

かくて、現物が日本に入る。

ここまでが第一ステージ

第二ステージ

  1. 日本の貴金属店で、密輸された現物を売却する。その資金が正規購入資金に化ける。
  2. 正規に貴金属店で金塊を購入代金として、購入代金と消費税を支払う。
  3. 現物は闇で換金し、次回の金塊購入代金用の運転資金
  4. 先に密輸した金塊を正規に輸出扱いで申告し、消費税8%の還付を受ける。
  5. 現物を仁川空港の到着した国際線のトランジットエリアで、出国手続きを済ませた別の運び役と落ち合い

収益

1億円の金塊で800万円です。

これを連日繰り返すと、一月2億4千万。

差損は、現物の売り買値の差額は約1.8%だから、コストとしては吸収しきれる

日本政府はいいカモになっている。

当然、闇で売却される過程や、架空取引にまつわる過程で出て来る正規な領収書の生まれる過程で、反社会的組織の介入は排除できない。

福岡のK会はかなり潤沢な資金があると想像する。

当然、各ステップで、マネーロンダリング使用される余地は十分にありえる。

福岡と韓国は距離感がとても近い。

山口県下関と釜山には定期フェリーが運行されている。

形態はともあれ、書面と現物が確認されれば、日本政府はスムースに消費税を還付する。

国内の富裕層の資産隠しに金塊を買った客の領収書を買い集める組織があっても不思議ではない。

それらの領収書が還付金詐欺の道具として、闇で売買される可能性もあるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする