中国半導体産業が日台韓を襲う、東芝OB天才技術者も流出

『週刊ダイヤモンド』6月3日号の第一特集は「三流の東芝 一流の半導体」です。巨額損失、決算延期、債務超過、上場廃止へのカウントダウン──。激流に呑まれた東芝は自らの生存を懸けて優良資産を切り売りし、いつしか三流に転落してしまいました。

いらなくなればポイ捨てか、スパイ罪。韓国に技術を垂れ流した東芝に、当然の報いが来たということか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする