北のミサイル発射、事実なら、挑発発射はすべて、中国の意思であること言う事だ

北朝鮮のムスダンの安全装置はパスワードを中国が持っている。。

ワンタイムパスワードを中国が管理していてるらしいとする記事です。

事実だろうか?

仮に事実だとしても、そこは北朝鮮、そんなものはとっくに解読済だろう。

仮に事実とすれば、北朝鮮の挑発発射はすべて、中国の意思であること言う事だ。

ムスダンは中国製とみられることから、発射に際しては中国の許可が必要となるはずである。

つまり、安全装置を解除するためには暗証番号を入力する必要があり、その番号はその都度、中国に聞かなければならない。正しい番号が入力されずに発射されれば、発射は失敗に終わる仕組みである。

相次ぐミサイル発射 北朝鮮の軍事力はどれほどなのか 鍛冶俊樹氏 産経 2017.5.28

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする