週刊実話調になる「崔順実被告と3回目の公判」の朴槿恵元大統領

朝鮮日報の「崔順実被告と3回目の公判」は、著名新聞の記事というよりは、週刊実話調で、事件が男と女に絡んでいれば、ドンピシャの週刊新潮・黒い報告書調の記事になってしまう、お国柄を感じさせる。

ネット画像は、モザイクで、顔の表情や手錠の状態が鮮明ではないが、ここまで公開する韓国の社会に根付く「怨念」「恨」の風土に、この民族だけとは価値観の共有はできないことを思い知らされる。

全文リンク2017/05/30

国政介入:夜遅くまで公判続く朴槿恵被告に漂う疲労感

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする