ドイツ車のディーゼル車への信頼が揺らいだ事件は終わっていない

ディーゼル車に強まる逆風 不正続発、EU認証手続き厳格化

ドイツの商業銀行であるが、業績は良くない。足を引っ張っているのが、幾つかの不正問題で、被害国から巨額のペナルティを課せられたからだ。

そうした要素に加えて、ドイツ産業をリードする自動車メーカーのそれぞれが、過去の輸出先で訴訟問題やリコール問題を抱えている。

銀行の財務力が弱体化した所に、つい最近の5月24日には「中国企業が大手投資銀の筆頭株主に 海航集団 米メディア報道 共産党幹部らの関与あるのか」のニュースが報じられた。

日米、その他多くの欧米企業が中国脱出をしてる最中、そこの深入りしていたのがドイツだ。

ドイツの車作りの技術が、中国で進化している側面は、中国の自動車産業を見る限り見逃せない。

ドイツはどこの向かうのか興味が持たれる。