サービスにコストがかかるのは当然の経済原則だ

通販・ECの送料支払いに「抵抗感がある」は8割

それでは、消費税の内税同様、輸送費込に価格を表示すれば、もっと不自然だろう。

商品コストが、顧客の居住地別の価格を設定するが要求される。

そんな非現実的な生産行為は不合理だ。

電話やテレビで、あるいはネットで買い物できるから、購入者の購入のための交通費、運搬の費用という物流コストがサービすという形で提供されており、そのサービスの対価を支払うのは当然ことだ。

店まで交通機関を利用すれば交通費が発生する。

仮に複数の店舗でショッピングをすれば、疲れて、お茶や食事をすることもあるだろう。

こうした支払いコストが発声しない分、物流コストがかかるのは当然で、それで、この消費社会は成立している。

抵抗があるなら、近所の店で購入することだ。

近所に店が無ければ、あるところまで行くか、店のある所に居住する必要性がでてくる。

非現実的だ。

記事リンク・Yahoo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする