複数の要請は普通のこと。問題は遵法通りに執行されたかでは無いのか?加計問題

<加計獣医学部>開学要請複数ルート 前川氏「別のOBも」・毎日新聞

毎回、週刊誌的切り口の報道姿勢で、方向性を暗示する毎日新聞の手法に辟易する。

森友学園問題もそうだった。

許認可を受ける案件に要請や陳情行為が伴うのは、日本の制度、習慣、風土からして極めて自然の行為だ。

当事者なら当然選択する行為だろう。

問題はその行為に違法性があるか、許認可の過程が遵法通りであったかどうかであるはずだ。

この時間、国会裏の議員会館は全国から集まる陳情者でごッタ返しているはずだ。

当事者が許認可を受けるための、複数のルートから働きかけること自体に、何ら問題はない。

毎日新聞は、複数のルートからの要請があったことを、「問題」視する記事発信だ。

働きかけが犯罪なら、世の中全てが犯罪だ。

営業も、リクルートも、選挙運動然りだ。

記事リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする