食塩に「足の臭い」 中国の家庭で苦情相次ぐ その原因は…

スーパーで購入した食塩を指でつまみ鍋の中に入れたところ、指の先から足の臭いのような異臭が

なんでも食べれる中国人が問題にした食塩は、河南省平頂山市の製塩業者が岩塩を原料として製造したヨウ素添加塩だった。

中国の「食用塩国家基準」で、食塩は「無臭」と規定されている。中国国営新華社通信の電子メディアによると、第三者機関がこれらの食塩を検査したところ、有害成分の亜硝酸塩が含まれていることがわかったという。

一方、中国紙・新京報によると河南省当局は5月1日、異臭がする食塩は「人体への影響はない」とする正反対の調査結果を発表した。異臭が確認された食塩の4つのサンプルを検査した結果、異臭の原因は「原料の岩塩にわずかに含まれていたプロピオン酸や酪酸、イソ吉草酸などの短鎖脂肪酸」で、人体への影響はないと結論付けたのだ。

記事詳細 6/3(土)・産軽新聞