中国政協幹部の党籍剥奪 「重大な規律違反」 収賄の疑いか?(笑)

収賄は、すでに、中国の役人の主定収で正規の給与はアルバイト収入だ

先日、シンガポールのカジノで賭博資金として100万シンガポールドル(約8千万円)を借り入れた中国の監督の記事を挙げたが、監督が8,000万円の借金が出来るということは、3億から10億の支払い能力があるとカジノ側は判断したというこだ。

収賄金は、主要な定期収入であり、清廉な金額の給与は、子供か孫のお小遣いだ。

記事全文引用・産経新聞・2017.6.3

 中国共産党中央規律検査委員会は2日、国政助言機関、人民政治協商会議(政協)の孫懐山・元常務委員が重大な規律違反を犯したとして、党籍を剥奪し、司法機関に刑事事件として処理させることを決定したと発表した。

同委員会は、孫氏が党の方針に従わず、職務上の影響力を行使して利益を得るなどし、収賄の疑いがあるとした。(共同)

参考記事

シンガポールのカジノで賭博資金として100万シンガポールドル(約8千万円)を借り入れた中国の監督
中国卓球女子監督を停職に カジノ賭博報道で、帰国命令 - 産経ニュース @Sankei_newsさんから — freeJapan (...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする