北が中国の一省になって、不都合なのは日本海の安全保障だ

【野口裕之の軍事情勢】
北朝鮮崩壊後は「中華人民共和国・高句麗省」誕生か 北はレアアースなど地下資源ごと呑み込まれる?2017.6.5 07:00

産経新聞のコラム「野口裕之の軍事情勢」は、近未来において、北朝鮮の体制が崩壊し、高句麗省になることを論じた。

北朝鮮が中国に一部になると、現在でも先鋒、羅津、清津、瑞川、元山の各港へ進出しているから、当然、そこが、中国の漁業や軍事の要衝になるだろうから、東シナ海同様、日本海の全域と対馬海峡、津軽海峡の安全保障の問題がクローズアップされてくる。

全文は長文だ。

全文リンク