日本を訪問中の丁世均(チョン・セギュン)韓国国会議長は在日コリアンを迎えに来たのではないのか

訪日の韓国国会議長「今年を関係改善の転機に」

【東京聯合ニュース】日本を訪問中の丁世均(チョン・セギュン)韓国国会議長は7日、「韓国と日本の関係には大きな転換が必要だが、今がふさわしい時期」とし、「『近くて遠い国』ではなく『近くて近い国』にする転機を今年必ず作る責務が両国のリーダーにある」と強調した。在日コリアンらが暮らす特別養護老人ホーム「故郷の家・東京」を訪れた際に話した。 朝鮮日報・日本語 2017/06/07

日本国民も同感だ『「韓国と日本の関係には大きな転換が必要だが、今がふさわしい時期」』、両国関係は「永久に日本海で分断された関係が望ましい」。古来より、「君子の交わりは淡白水の如し」という。

そう言えば、問題の一橋大学の校友会は「如水会」と言ってたな。。

記事全文・朝鮮日報 2017/06/07

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする