27年度生活保護 受給世帯が過去最多、高齢世帯半数越え 人員は20年ぶり減少

残る問題は在日の不正受給だな。。

失業率は改善方向にある。

自然減だ。

記事でも『保護を終えた主な理由は「死亡」(35・4%)が最も多かった。』とある。

ということは、在日の不正受給は減少していないということだ。

今度は所得と雇用の改善だ。

所得倍増とは言わんから、半倍増くらいは目標にすれば、デフレも変わる。

経済の底上げは、正規雇用の拡大と、デフレが必須条件。

雇用不足を、外黒人雇用に依存するのは劇薬で、将来に禍根を残すだけだ。

6/7(水) 産経新聞-yhaoo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする