中国は断固と地域の安定を守れるか?

 中国国防省は9日、米空軍のB1B戦略爆撃機2機が8日、南シナ海で米海軍のミサイル駆逐艦と演習を行ったことについて、「中国側は南シナ海における関係国の軍事活動に対し、警戒と有効な監視を保っている」と強調、「中国軍は国家の主権と安全、地域の平和と安定を断固として守る」と反発した。(北京 藤本欣也)

北京で国防省や外交外務省が口角泡を飛ばしても、出来ないことはできない。そんな体力がどこにある。

一方の南シナ海に臨む関連国の腰がひけている。

所詮はそんなものかもしれない。

領海侵犯した中国の艦船を物理的に、日本か米国が排除しない限り、現状は変わらない。

変わらなければ

中国人は世界が現状を公認したと判断する。

その記事のリンクだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする