成功した韓国の反日教育

韓国の中学生から日本の中学校に郵送された手紙の文面

韓国の反日教育は有名だ。

画像の説明に「日本軍人に殴られ血まみれになる朝鮮囚人。」とあった。

刑務所の館看守が軍人だったとは、インチキこの上無い。

2005年6月には仁川広域市の橘ヒョン駅の構内で桂陽中学の学生による「独島は私達の土地」をテーマにしたポスター展があった。それらは、日本列島をウサギの糞にした絵[11]、日の丸を踏み躙っている絵、日の丸が描かれたトイレットペーパーを燃やしている絵、日本列島を火あぶりにしている絵、日本列島にミサイルを撃ち込んでいる絵、「嘘つき民族日本人」を犬小屋で飼っている絵などだった。絵には「日本の奴らは皆殺す」「日本列島を火の海に」「日本というゴミが捨てられるのは何時なのか」などという言葉も附けられていた。日本に帰化した韓国系大学人の呉善花は「韓国では小学生の時からこうした教育を受けさせ、伝統的な侮日観をしっかり身に付けさせている」と述べている。

韓国の小中学生時代に、見学するところが、西大門刑務所歴史館だ。

詳細はリンクに譲る。

こうした授業が、1945年移行延々と続いているのが韓国の反日教育だ。

そして韓国からの手紙がこれだ。

文面には手紙は、日本による竹島の領有権の主張について「日本帝国主義の侵略戦争と虐殺、慰安婦を動員した犯罪の歴史の正当性を主張する行為」などと記されていた。

検証しよう。

  1. 日韓併合に侵略戦争があり、騎兵隊が、アメリカ先住民を襲撃するような場面があった。
  2. 多くの朝鮮人が虐殺された。
  3. 慰安婦を動員した。

言いがかりも甚だしい。

日本兵によって殺害された朝鮮人は何人いるのだ?

侵略戦争、統治の圧政下で多くの朝鮮人が虐殺されたというが、統治35年間で朝鮮半島人の人口は倍増した。

欧米の植民地支配で人口が増大した植民地の前例は無い。

慰安婦の動員?

職業選択の自由があって、朝鮮人が高収入に群がったか、親や兄弟に売られただけのことだ。

その結果、多くの慰安婦は高額な収入で、後に家・屋敷をを手に入れたのは事実だ。

いっその事、韓国人が良く集まるとことに、日韓歴史博物館を作ってはどうかと言いたい。

そこでは、韓国人の嘘を徹底的に紹介・実証して世界に発信するのだ。

羽田、成田、名古屋、大阪、福岡の主要国際空港に、歴史戦カウンター博物館を作るのだ。

そのためだった、喜んで基金に寄付をする用意がある。

尖閣諸島を買うと言った石原東京都に送金した小欄の20,000円は印刷された書状で返ってきたが、実際は宙に浮いたままだ。

記事 6/13(火) yahoo ニュース・朝日デジタル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする