加計問題新たな展開に。「特区に政府の意向が入るのは当然だ」

内閣府再調査で8種類の文書確認 「総理のご意向」などの発言確認できず

カジノだって獣医学部の新設だって、根っこは同じだ。

ガンジガラメの行政規則、つまり法規制と距離が置くことが出来るエリアが特区だ。

簡単に言えば、外国公館の地所内は治外法権だ。

特区を制定して、カジノを導入しようとするのが、観光立国を目指すという大義名分のカジノ構想だ。

ガンジガラメんで学部増設が出来ないなら、特区内で増設をするという思考は当然出てくるだろう。

その特区内で事を行うのだから、

「政府の主導で行いました」

「獣医が足りなく、口蹄疫等の対応が出来ず、酪農家に大きな損害を与えております」

「なんか問題は?」

「なんでしたら、蓮舫さん、モンペ姿で、鳥ウィルスや牛口蹄疫が発生した酪農家へボランティアにでも行ってもらいましょうか?」

正面から言えば良いだけのこと。

記事 産経新聞 2017.6.16

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする