だから、土建屋から抜け出せないゼネコン、当然談合も視野に追求すべきだ

今回、事件になったのは、安藤ハザマという準大手ゼネコンだ

準大手がやっていれば、以下の中堅もやっているだろう。

当然、そこには「談合」もありえる。

なんせ、業界は、完全なピラミッド型社会だ。

千年に一度、千載一遇の美味しいチャンスに群がる賤しい構造は追求されて当然だ。

6/21(水) yahoo・福島民友新聞社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする