反日の「民族教育」…「革命戦士」を命じる北朝鮮の学校がなぜ日本に?当たり前の疑問から取材は始まった 

「核戦争には核攻撃戦で応じる」「南朝鮮(韓国)が一発で廃墟となり、日本列島が沈没」……。核・ミサイルで恫喝を続け、反日・反米をあからさまにしている北朝鮮。

その独裁者を崇拝させ、政策を支持している学校がなぜ、わが国に存在しているのか? そこに認可を与え、税金免除などの優遇措置を施している。産経新聞 2017.6.24 【朝鮮大学校研究】

G7加盟国、G20加盟国、日本は参加していないが、AIIB参加国の全てを検証しても、このような組織を教育機関とし、自国内における外国系教育機関として「認可」「税金免除」「各種の便宜」を供与している国は日本と言う国だけだ。

反日の「民族教育」…「革命戦士」を命じる北朝鮮の学校がなぜ日本に?当たり前の疑問から取材は始まった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする