英高層公営住宅の火災、火元は米ホットポイント製冷蔵庫=警察

ブランドは米国だが実態は中国の会社だ。

中国証券監督管理委員会(英語版)によって買収が承認され[2]、10月24日に買収手続を完了[3]。11月に社名を「惠而浦(中国)股份有限公司」 (Whirlpool China Co. Ltd.) に変更した。新会社は引き続き上海証券取引所に上場する

[ロンドン 23日 ロイター] – 英ロンドン警察は23日、79人の死者・行方不明者を出した高層公営住宅「グレンフェルタワー」の火災について、火元は米家電大手ワールプール(WHR.N)のブランド「ホットポイント」の冷凍冷蔵庫だったと明らかにした。

フィオナ・マコーマック警視は、問題となった「FF175BP」モデルはリコール(回収・無償修理)対象になっていないと述べた。

警察は、タワーの被覆材に使われた断熱材とタイルとも、発火後のすべての安全点検に合格しなかったと説明。過失致死罪の適用を検討中だとした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする