慰安婦は売春婦でなけらば、なんというのだろう?

慰安婦は売春婦では無いとするなら、なんというのだろう?

憐れなレイプ被害者か。

売春の歴者は長い。

人類史上最古の職業といわれている。

有る一時期、戦場や戦争行為によって生じた制圧地帯で、軍将兵を相手に売春行為をした売春婦が日本では「慰安婦」といわれた。

その中に朝鮮半島出身者が数多くいた。

歴史や、社会、風俗の中で存在したという認識で、現在の法制度下では売春行為が非合法であり法制化では、犯罪だ。

女性の人権の侵害と言う問題の視点で見るなら、現在の一般的な理解では人権侵害だが歴史の過程では犯罪ではない。

そんな問題を提起した石平太郎氏の発信記事だ。

今ここで一つの極め個人的な問題が有るこ事を指摘したい

小欄は、facebookアカウントを持っており、自身の発言のアウトラインを、短文のメッセージという形で発信を共有している。

この1年くらい、facebookやtwitterの世界で、保守的発言が制約を受けている。

この記事も、記事共有として、facebookでテキスト文で記事供することはかなリスクの高い現状で、画像でメッセージを発信しようと考えている。

「秘密保護法」の法整備が行われた、時、多くの言論人、文化人は「これは、本は書けない」「映画がつくれない」と叫んだ人たちが、現在でも本を書き、出版し、映画制作をしている。

政府の言論規制のないはずの国で、SNSというクローズな空間で、プライベートカンパニーが、その運営者のローカルルールで、言論規制をしている現実を指摘したい。

直近では、福岡県行橋市市議の小坪慎也氏、ハンドルネーム・小坪しんや氏の「この程度の?」と言うfacebookへの投稿メッセージが削除され、同氏のアカウントが一週間のアカウント停止の制裁を受け、現在も進行中だ。

小坪しんや氏はSNSで発信するのメッセージを自身が運営するブログでも共有しており、そのブログ上で、タイトル『【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】』の記事で、

言論は委縮すべきでないが、ルールも把握した上での言論活動が求められる。

「なんで処分されたかわからない」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

のメッセージ締めくくる貴重な情報を発信しておりますので、同氏のブログ記事を以下にリンクします。