NHKはそんなに金がないのか?

NHK、ネット配信にも受信料案 テレビなし世帯対象

反政府的な世論誘導をするようなコンテンツを編成する国営放送のNHK。

夕方7時のニュースで、内閣支持率の急落をトップで取り上げ、ニュースウオッチ9でも同様だ。

内閣支持率が下がった報道はしても、野党の支持率は上がっていないことの解説はしない。

その直後に、クローズアップ現代で、ダメ押し解説をする。

安倍内閣が、改憲に動き出すと、間髪入れずに、大河ドラマ終了後のNHK特集で「東京裁判」のドキュメンタリードラマを再放送する。

どうなっているのだ、この神経は?

あまりにも恣意的だ。

金がないなら、高すぎる人件費を削り、特派員の数を減らしすべきだ。

いつ現象が起きるか、いつ対象物が撮影できるのか不明な自然モノの取材や、膨大な遠征ロケ制作は止めるべきだ。

ロシアの永久表土の下に存在する水底の洞窟を遠征取材ロケをして、「巨大水中洞窟を潜る 絶景 オルダ“水の宇宙”」?

ふざけるな!

趣味の世界に没頭してるスタッフを見せつけておいて、予算が無いとは言わせない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする