ハングルや中国簡体語表記は、避けられてこと評価できる

韓国語も簡体中国も嫌悪感が伴う、この辺が妥協点だ