甘やかしたのは政府と自民党、その挙句に、「言いたい放題砲」を受けている

朝鮮半島人の思考は基本的にChina人と同じで、かって、半島は「小中華」と言われた事を忘れた愚

もともと実力も無いのに図がでかいのが、大中華であり小中華です。

そこに過剰に、言い分を聴くということは、この大中華の冊封国家である小中華人には、中華思想丸出しで、日本という冊封国に来たという感覚が蘇るのだろう。

そんな低次元のところで、クレイムを付けるような所を見抜いた、福沢諭吉は後世の我々への警鐘として「脱亜論」は書かれたのかもしれません。

韓国の丁世均議長が大放言! 「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」…大島理森衆院議長らと会談で

2017.7.1 産経新聞

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする