領土問題を一方的に具体化させている国の情報収集艦の無害通航を容認する馬鹿な国

津軽海峡「通過権利ある」 中国国防省、日本に反論

日本も舐められたものだ。

日本と中国には領土問題が存在する。

それも、歴史的にも、国際法的にも日本領土、領海と認識されている領域への、領土権の主張する国との間にだ。

従って、国際関係論的な見方をすれば、紛争当事国の軍艦がその紛争当事国の領海を無害通行するには、権利の履行以前にしなければならない手順があるのが国際常識だ。

ヤクザの敵対する組織AとBがある。

関西を縄張りとするA組が、敵対する関東を縄張りとするB組のエリアで、「しのぎ」活動をするには、二つの方法しかない。

ひとつは、仁義をきり、下手に、ご挨拶をし、名刺代わりのお土産を持参して、これこれなにがしの商売をさせて頂きたいと願い出をし、その許容範囲何でのしのぎをする。

あるいは、しのぎをするエリアに、紛争覚悟で勝手に乗り込んで、しのぎをする。

つまり、他国領海の無害通航権は、紛争当事国でない国の艦艇が国際ルールに従って通行できる権利だ。

今の日中関係において、日本領海で、中国の艦艇の無害通航権は該当しないと見るのが常識だ。

撃たれて、あるいは臨検を受け、拿捕される覚悟で航行しているのだから、それお実行するのが建前だ。

中国は潜在的国で、友好国ではない。

その証拠に、なんら落ちどころのない日本の民間人が渡中し、不当に言いがかりを付けられ、すでに複数人がスパイとして拘束されている。

その中には、日中友好の目的で渡中した、NGOかNGO的存在の組織の日本人も含まれているのだからシャレにもならないが、これが何よりの現実であり、証拠だ。

さらなる証拠を挙げるなら、かって日本の領海で、そこの豊穣な海に幸である魚介類の漁獲を生業としていてた、沖縄県石垣市の漁民は、日本政府の規制で、水域への立ち入りが封じられている現実がある。

その理由は、その海域を中国の領海だと主張して、中国の漁船団による不法漁労を目的とした中国漁船を保護する名目で領海侵入をする、中国海警局船艇との摩擦を回避して、紛争に存在を隠蔽しようとする、日本外交の姑息な、事無かれ主義によるものであることは言うまでもない。

現実的には、中国や韓国は友好国とは名ばかりで、あからさまに日本を仮想敵国としている。

そんな国の艦船の無害通航を、外務省の「口撃」もできない「遺憾砲」で処理し「次回」のひと事で威嚇する連鎖が、いつになれば終わるのだろうかと悲観にくれてしまう。 by K.K

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする